お客様にも好意を持ってもらう為に大事なこと

色々な方法をご紹介しましたが、キャバクラで指名をもらうにあたって1番大切なことは「愛嬌と誠意を持ってお客様と接する」ことです。

どんなにいい感じに密着しようが、共通点が多かろうが、相手を褒め称えようが、無愛想な女の子は指名をもらえませんし、誠意のない上辺だけの態度も、きちんとしたお客様には見破られてしまいます。

人対人、そして男と女なのですから、どんなお客様にも好意を持ってもらうことが必要です。
お客様にお願いして指名してもらうのではなく、お客様の方から「君にいてほしい」と言われるようなキャバ嬢を目指しましょう。

そうすれば多少のわがままも聞いてくれますし、同伴や来店の約束もいただきやすくなります

お客様の心を大切にし良い関係を作る

もちろんそこで調子に乗ってしまうとダメですよ~!
一流のキャバ嬢は、お客様皆のお財布事情を考え、無理に使わせたりは絶対にしません。
お客様は消耗品ではありません。

太く短く、より細く長く、お客様といい関係を作っていってください。

誠意を持って接していれば、恋愛感情がこじれて面倒なことになることも少ないです(ゼロとはいいませんが)。
せっかくキャバクラの仕事をしているのですから、自分という商品を外からも内側からも磨いて、たくさんのお客様を幸せにしてあげてくださいね。